大事なおしらせ

【由布川渓谷を訪れる方へ 2017春〜】

猿渡渓谷入口が復旧しました!!

猿渡入口から、渓谷内を楽しむことができます。

 

2015年夏に発生したがけ崩れ及び、2016年熊本・大分地震により、猿渡入口階段下部が通行止めになっており途中までしか降りることができませんでした。

現在は復旧しており、渓谷内に入ることができます。大分県、由布市、ならびに関係各位様に心より感謝申し上げます。

 

修復、復興を記念致しまして、来る平成29年5月3日に「 由布川峡谷開き 」を開催致しました。

多くのお客様のご来場がありました、心より感謝申し上げます。 

 

 

※「椿入り口」の渓谷へ降りる階段が通行止めになっております。猿渡入り口をご利用下さい。※

 

渓谷の周りで行われているイベントは、「イベント」から、参照できます。

 

平成29年6月6日

昨日、由布川峡谷内の一部で幅約15m程のがけ崩れが発生しました。

猿渡入口付近は問題ありませんが、チェックストーンへ行かれる方は下記をお読み下さい。

 

椿入口の階段最下部より上流、約200mの場所(右岸崩落)です。泡雪の滝付近。

今年は足首くらいの水深で歩けた場所でしたが、土砂の堆積により堰き止められた川の水が溜まり、水深が2mくらい有りそうなプールになっています。

今後の梅雨の増水で柔らかい個所が通水し、プールは解消されると思います。(土砂ダム決壊による下流の被害は無いだろうと思います。)

ただ、現在の状況では、チェックストーンへは、泳がなければ行けなくなっております。

 

 

2017年4月時点の由布川峡谷・猿渡入り口付近の写真です。

 

由布川峡谷のチェックストーンは、「猿渡入り口」及び「椿入り口」の近くにはありません。
由布川峡谷のチェックストーンは、「猿渡入り口」及び「椿入り口」の近くにはありません。